普段生活していて、水道が各家庭やアチコチどこでも来ているので、当たり前過ぎて大事にしませんでした。

水を大切に使う生活の工夫
水を大切に使う生活の工夫

普段の生活の中で水道のありがたさを意識しませんが。

このまえテレビを見ていると、スーダンだかどこだかはちょっと記憶が曖昧なのですが、小学生くらいの子供が頭に水汲み用の容器を乗せて水汲み場まで一日に何度も往復する様子が紹介されていました。
正直、あれはキツそう、とても私には無理だと思いました、その地域にも水道が来ている地域も有る様ですが、環境が良くてくみ上げ式の井戸があるくらいで、殆どの住人は一日に何度か生活するための水を水汲み場まで汲みに行かなければなりません、自然に溜まったり、湧いたり、流れたりしている水で無料で手に入るものですが、汲みに行く労力を考えると、かなり貴重なもので無駄無く慎重に使うだろうと言う事は想像できます。

私の普段の生活では、水は水道の蛇口を捻れば、ほぼ間違いなく出て来ます、自分の家だけでなく出かけても、公園や公共施設、デパートなどに水道が当たり前のように備わって水に困る事は先ずありません。ごくたまに最近はまっているハイキングに出かける時はさすがに水道を見つけられないときもありますが、いずれにせよ、普段は水をあまり貴重に思ったり大切にしたりする事もありません、節水はしますが、それは水を大切にすると言うより水道代を考えての事です。

私の家の水道メーターの手前で水漏れがチョロチョロとしており水道の検針の方に何度か指摘されていたのですがメーターの手前で水道代金に反映されない事もありついつい放っておいたのですが、何かその番組を見てから自分がひどく無駄な事をしている様で翌日に水道局に連絡して水漏れを直してもらいました。