フロントガラスをカスタムする新発想 ー ソーラーインパクト ー



      このエントリーをはてなブックマークに追加

フロントガラスの特徴

一般的には自動車に使用されているガラスには、合わせガラスと強化ガラスにいずれかが使用されています。

フロントガラスには合わせガラスが、ドアガラスやリアガラスには強化ガラスが用いられていて、フロントガラスは他の部分のガラスとはその構造が異なっています。


フロントガラスの大きな役割は、事故が起きた時に運転手や同乗者が外に飛び出すのを防止することで、現在販売されている車のフロントガラスは昔のものよりも頑丈につくられています。


(参照HP)中古車の査定額と値引きテクニック


フロントガラスに使用されている合わせガラスは

フロントガラスに使用されている合わせガラスは、特殊な中間膜のポリビニールやブチラールを2枚のガラスではさんだもので、中間膜は無色透明となっています。

そして対候性が高いため、普通の板ガラスと変わらないくらい透明となっています。

この中間膜のおかげで、表面が破損した場合でも、ガラスが簡単に崩れ落ちないようになっています。


これに対してドアガラスやリアガラスに使用されている強化ガラスは、表面に圧縮応力を持たせたガラスで、一般的なガラスよりも強度が3倍から5倍となっているため、簡単に割れないようになっています。


昔の車の場合は、フロントガラスにも強化ガラスが用いられていたため、フロントガラスが割れた時には視界が真っ白になり、崩れ落ちることもあり、昔のカーアクション映画などを見ると、そのような光景が頻繁に出てくるので、それを目にしたことがある人も多いと思います。

したがって昔の車に乗っている場合は、ガラスがひび割れたりした場合は、視界が取れなくなってそれが大きな事故の原因になることもあるので気を付けなければいけません。


強度だけでなくファッション性も重視したい!という方には、太陽光を反射させてフロントガラスが美しいシャイニングローズカラーに輝くと評判の「ソーラーインパクト」という商品がおすすめです。

フロントガラスに異常を発見した時には

今も昔も、フロントガラスに異常を発見した時には、すぐに補修や修理やフロントガラスの交換をした方が良く、そうすることが事故を防げることになります。

またガラスの傷は小さくてもだんだんと傷口が広がっていくこともあるので、そうならないうちに早めの対策が必要になります。


マイカーのフロントガラスを汚いままにしている人も多いのですが、そうすることで事故を起こす可能性が高くなります。

車を運転するということは、いつ誰を傷つけるかもしれないので、常に事故が起きないように努めなければいけません。

フロントガラスをキレイにすることは、ドライバーとしてのマナーであり、それができない人は車を運転しない方がいいでしょう。

ABOUT

運営者
カスタムビューティー
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。