マンションの水道水が赤水でしたが、修繕で水道管を取替えその期間の生活は大変だけど赤水は出なくなりました。

水を大切に使う生活の工夫
水を大切に使う生活の工夫

日々の生活で飲む水道の水は長らく赤水でした。

日々の生活の中で水道は欠かせないものです。

ですが、その水道は年月とともに老朽化していきますので、その老朽化した水道を流れる水道水は主に赤錆を含む場合が多いようです。
私は15年前に築10年の中古マンションを購入しました。
平成元年に出来たマンションですが、内装は綺麗に修繕されていて間取りこそは最近のものではありませんが、十分満足して購入しました。

しかし、入居してから気になりだしたのが、水道水の赤水です。
洗い桶の底はすぐに赤くなるし、お風呂も水のしたたるところが赤くなっていました。

ですが、こればかりはどうすることもできずそのまま15年の歳月が流れました。

このような状況の中、マンション内で水道管が壊れる家庭が出たため、水道管を切って中を調べることを業者にお願いしたところ、水道管の内部は赤錆で膨らんで水の通り道は半分ほどにふさがれていました。
ここまで赤錆で腐食している水道管の水を日々の生活で使っていると思うとぞっとしました。
そして、マンションの管理組合で話し合いをし、マンション内の水道管を全て取り替えることになりました。

水道管の取替え工事はそれはそれは大変で、壁を壊して水道管を取り出さなければなりません。それも、流しだけではなく、トイレもお風呂も取り替えなければなりませんから、外壁の大規模修繕よりも精神的負担は大きい修繕となりました。
そして、各家庭が1週間ほどの工事を行い全ての水道管を交換しました。
新しい水道管は腐食しづらいもので、更に赤水は出なくなりました。
大変な負担はありましたが、水道管を取り替えて本当によかったです。