災害で水道が止まって困る。突然、水漏れや詰まりが起きて困る。生活になくてはならない水道の異変にどうしますか?

水を大切に使う生活の工夫
水を大切に使う生活の工夫

水道から水が出ない、水が漏れる、詰まる生活になったら

生活する上で水は確実に必要不可欠なものだと思います。
もし、災害で水道が止まってしまったら、お風呂は入れない、トイレは流せない、洗濯が出来ない、料理は出来ないってことになるほど重要なものです。
今まで起きた災害でも水がなくて困っている風景をよく目にしました。
水を求めて給水車に並ぶ光景がかなり印象に残っています。
しかもなかなか復旧しないので長い間、水道が使えない日々が続くのです。
災害が起きた季節によってはかなり困ります。
夏は汗を流すために乾きを潤すために必要になるのに、給水車の水だけでは足らず、下手すれば脱水症状や熱中症等になる人が現れるかもしれません。冬は体を中から温めるための温かい食事のために外から暖めるためのお風呂として必要ですが、それが出来ずに風邪を引く人がたくさん現れるかもしれません。いつも使っている水道が止まるだけでこんなにも生活に支障を出してしまうものなんです。

それに今は当たり前のように使えていても災害でなくても水道に不具合は起きることもあります。
それは水漏れや詰まりです。
水漏れは、マンションの場合下の階の人に被害が出る可能性があります。
私も以前、上の階の人の水道から水漏れが起きて、私の部屋で雨漏りが起きている状態になったことがあります。
幸い被害は少なかったですが、自分だけではなく他の人にも被害が及ぶ水漏れは厄介なものです。
詰まりも放っておいたら、逆流して部屋が水浸しになる可能性もある危険なものです。

でも、ないと困る存在なの持たしかです。
何が起こり得るからわからない今だからこそ、何が起きても水だけは確保出来るようにしておきたいですね。